Skip to content

オウンドメディアの目的とは

企業が成長する為には、継続的に目標を達成していくことが必要となります。

目標を達成する為には消費者に自社の商品・サービスに対する理解を深めてもらう必要がありますが、ここで問題になるのが「どのようにして商品・サービスを知らせるのか」ということです。そのため、まず企業や商品に興味を持ってもらうことを目的とした「オウンドメディア」を活用する企業が増加しています。オウンドメディア(OwnedMedia)とは、自社で保有するメディアの総称のことを指します。本来であればパンフレットや自社サイト等の全てを含めますが、オンラインでのマーケティング戦略の中では自社で運営するブログ形式のサイトを指すことが多いです。

広告等を出稿するサイトやSNSと組み合わせて施策を行うことによって、幅広いユーザー層にアピールすることができるのです。オウンドメディアの目的は、大きく分けて二つあります。まず一つ目が、商品・サービスを知ってもらう為に接触を狙うことです。商品・サービス周りの情報を充実させただけでは、潜在顧客が自発的にサイトに訪れる可能性は低くなります。

そのため、広告費を払ってメディアへ露出を行うのですが、もう一つの接続先としてオウンドメディアを運営しておくと、より幅広い潜在顧客に接触することができるのです。二つ目の目的は、企業や商品・サービスを好きになってもらうことです。商品・サービスのパンフレット等では伝えきれない「思い」を伝えるコンテンツを配信することにより、最初に接触した潜在顧客を見込み顧客へと変貌させ、最終的には優良顧客へと育てていくことが可能となるのです。このように、様々な客層へアピールできるオウンドメディアは、今後ますます注目を集めることが予想されます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です