Skip to content

メディアは時代と共に変化、アプリで作品を購入

色々なメディアの「形」は時代と共に移り変わっていきます。

音楽のメディアは分かりやすい事例です。ひと昔前はカセットテープやレコード、コンパクトディスクでした。今ではそもそも物理的な媒体がほとんど無くなっています。勿論CDショップは健在であり、熱心なファンは好きなアーティストの音楽をコンパクトディスクで購入しています。一方で多くの一般消費者は音楽を、スマートフォンやタブレットでダウンロード購入しているのです。

メディアがそもそも物理的な媒体ではなく、バーチャルな存在になりつつあります。アーティストの作品だけではなく、テレビゲームや書籍や映画やアニメ等も同様の変化を歩んでいます。いずれもカセットや紙の本などの物理的なメディアは健在ですが、既に多くの方がスマートフォンやタブレットのアプリでダウンロード版を買っています。

アプリで買った方が安価、アプリで購入すればいつでもどこでも遊べる等、既存の媒体にはない利便性があるためです。またアプリで買った電子書籍やゲームソフトは、購入時のIDに紐づけされます。スマートフォンの本体の容量が少なくなった時、過去に購入した作品は消してもOKです。本体からは消えても、IDには購入した履歴が記録されており、基本的にいつでも再ダウンロードが出来ます。紙の本やゲーム機のカセットは紛失や劣化がありますが、スマートフォンのアプリで買った物は半永久的に楽しめるのが魅力です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です