Skip to content

バーコードリーダーとは?仕組みと種類とは?

「バーコードリーダー」は商品などについている皆さんも一度は見たことがあるバーコードを読み取るための機械のことです。

そのため、別名として「バーコードスキャナー」あるいは英語表記としては「barcodereader」「barcodereader」「barcodescanner」「barcodescanner」などと呼ばれることもあります。そんなバーコードリーダーはCCDと呼ばれる電気信号を送り合う機能を利用することで機能しています。その機能を担っているCCDを使う際にはレーザー光線やLEDの光をバーコードに当てる操作が必要です。

皆さんもいちどはその読み取り作業を見たことがあるところでしょう。なお、そんなバーコードリーダーで認識できるものは多くの方がイメージする「記号」のような縞模様だけでなく「文字」や「数字」も含まれます。そのような便利な機能をもっているがゆえに商品を購入するときに限らず図書館にある本が何冊またどこにあるかの蔵書管理、更にはテレビ番組の録画予約の際などに多く使われています。

このようにさまざまな用途に使われている存在ゆえにバーコードリーダーは使い方によってさまざまなタイプのものが存在します。身近なところではやはり小型の「ハンディスキャナー型」のものを思い浮かべる方が多いかもしれませんがペン型タイプなどそれぞれの用途で使いやすさを追求したバーコードリーダーを使用することができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です