Skip to content

オムニチャネルに取り組むメリット

オムニチャネルとは、どこに居てもデバイスから様々な情報が得られ、その時々に応じて最適な購入・受取方法を選択できる利便性を顧客に提供することを指します。

これに取り組むメリットはいくつかありますが、最も大きなメリットは顧客に応じた最適なマーケティングができるという点です。様々なチャネル(接点)で得られた顧客情報を分析することによって、その顧客の趣味嗜好を知ることが可能である為、一人ひとりに適したマーケティングを行うことができるというわけです。結果としてマーケティングのコストを削減することに繋がり、売上の向上にも繋がります。

オムニチャネルに取り組むメリットとしては、販売機会の損失を減らすことができるということも挙げられます。顧客が商品を購入しようと思った時に在庫がなかった場合には、販売機会を失ってしまうことになります。しかしその店舗の在庫が無かったとしても、在庫のある別の場所からすぐに商品を配送したり、顧客の自宅の近辺で商品を受け取れるのであれば購入してもらえる可能性は大幅に高くなるのです。また、オムニチャネルに取り組むことで、顧客満足度を向上させることもできます。

顧客からすると、商品を購入する際にはサービスの行き届いたお店で買いたいという気持ちが強いです。例えば、大手通販サイトでは商品が売り切れてしまうことは少なく、コンビニ受取を選択すれば24時間いつでも商品を受け取ることが可能です。さらに、最短で1時間で商品を届けてくれますし、翌日配送も当たり前のようになっています。このような便利なサービスを率先して提供し続けているからこそ、大きな利益が生まれているのです。このように、顧客の心を掴むのに最適なオムニチャネルは、これから更なる注目を集めることが予測できます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です