Skip to content

オムニチャネルによる購買選択肢の拡充

購買と言えば実店舗に行って、現金やクレジットカードによる決済を行うことが当然でした。

しかし、現在ではネット通販など実店舗を持たない場合も増えてきています。同じような商品を扱っている場合、顧客はより自分に適した決済方法を選ぶことを望みます。そのため、決済の方法が限定されている場合、失注につながる恐れもあります。そこで重要なのがオムニチャネルと言う考え方です。顧客が望む全ての決済方法を用意することで、扱っている商品やサービスにつながる可能性を維持することができます。

また、同じような商品を比較された場合に、決済方法によって選ばれる可能性も増えます。オムニチャネルは現金での決済やネットによる通販、電話やFAXによる注文などありとあらゆるサービスの提供を行うことです。スマートフォンが普及したことにより、決済方法が多岐におよぶようになりました。顧客は24時間どこにいても遠くの行ったこともない場所にある商品を選んで購入することができます。

時間も距離も障害にはならず、様々な地域の顧客を相手することが可能です。店舗を持つことができず、人材不足から諦めていた販売地域の拡大が簡単に行うことができます。オムニチャネルを利用することで、国内だけでなく海外の顧客も対応することができます。店舗の周りに潜在顧客が少ないことで売り上げが伸び悩んでいたような企業にとっては有利になる方法です。また、思ってもいないようなところで売り上げにつながることも期待されます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です